2月20日(木)21日(金)に開催される予定だった「DroidKaigi 2020」ですが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、残念ながら中止となりました。

サイバーエージェントから登壇を予定していた3名のセッションは、DroidKaigi運営の皆さまの尽力により、DroidKaigi公式YouTubeチャンネルにて動画公開することが決定しましたので、お知らせいたします。

1から学ぶAndroidアプリデバッグ – アプリの動作を追いかけよう

和田佳大(Ameba)

 

※4月3日(金)14:00に公開されます。

 

(概要)

アプリ開発には欠かせないデバッグ。バグ報告を受けて原因調査に使うこともあれば、アプリがどのような動作をするのか、どのような状態になっているのかをコードを見ながら追いかけるのに使うこともあります。

ログやブレークポイントを使った基本的なデバッグを使う機会はあれど、デバッガーを駆使した手法について少し知ることができるだけで、アプリの挙動、状態といったアプリの「なぜ?」を突き止めることぐっと近づくことができるはずです。

本セッションでは、初心者の方も対象として、実例を交えてAndroid Studioを使ったデバッグ手法を中心に、+1としてTimber、Stetho、Hyperion等のデバッグライブラリを使ったデバッグについても解説いたしました。

具体的には下記について説明しています。ぜひご覧ください。

– Android Studioのデバッガー

    – Logcat

    – ブレークポイント

    – Android Profiler

    – etc…

– +1:デバッグライブラリを用いたデバッグ

    – Timber

    – Stetho

    – Hyperion

System UIをコントロールして、画面を最大限に生かしたアプリを構築する

佐藤隼(タップル誕生)

※4月3日(金)15:00に公開されます。

(概要)

端末の画面を最大限に活かし、より良い体験を提供するために、System UI(Status Bar、Navigation Bar)を考慮することは非常に重要です。

しかし、Android Q、Q以前などでのバージョンごとの差異、ノッチ対応、画面構成によっては、WindowInsetsを取得する必要があるなど、考慮しなければならない点が多くあります。

この発表では、最初にSystem UIをコントロールするために抑えておくべき要素を、実際の挙動を見ながら、1つ1つ理解していきます。

具体的には下記について説明しています。ぜひご覧ください。

– fitsSystemWindowsの挙動について

– ThemeからSystem UIの設定をする

– Navigation Component(Single Activity)との兼ね合い

– WindowInsetsを取り、動的にSystem UIを調整する

    – FloatingActionButtonとの兼ね合い

– systemUiVisibilityについて

– ノッチ端末(cutout)への対応

最後に、実践的な例として、Google I/OなどのアプリのSystem UIをどのようにすれば構築出来るかを説明しています。System UIの基礎 〜 実践までを理解することで、画面を最大限に生かした没入感のあるアプリを実装出来るようになることを目指します。

Customize ExoPlayer

仙波拓(AbemaTV)

※4月3日(金)16:00に公開されます。

(概要)

ExoPlayerはカスタム可能なインターフェースを提供し、より使用者に適した形で最適化できるように設計されています。様々なシチュエーションにおいて、どのようにPlayerを最適化することができるかについてお話しさせていただきました。

また、動画再生ではクラッシュではなく、動画が止まったり映像がカクついたりするような再生不具合が発生しますが、そのような際のデバッグ方法や調査方法などのTipsも紹介しています。

 (ex) 例外(BehindLiveWindowExceptionなど)を減らすためにどのようなことができるか。

 (ex) 再生開始時の最初に取得すべき解像度を考える

 (ex) TVやMobile、LIVE/VODでどのようなことを考慮すべきか

また来年!

今年の中止は残念ではありましたが、運営の皆さまには最大限サポートいただき、感謝しています。来年は、会場でお目にかかれることを楽しみにしています!

サイバーエージェントではAndroidエンジニア募集中!

最後になりましたが、サイバーエージェントではAndroidエンジニアを募集中です。カジュアル面談からでも歓迎です。ご興味お持ちいただいた方はお気軽にご連絡ください!

技術 / クリエイティブ広報
サイバーエージェント 技術広報/クリエイティブ広報担当が運営。 エンジニア、クリエイターのインタビューや日々の開発の様子などを発信していきます!